作家もののうつわや工芸作品と日々の出来事について
橋口暢広展便り その3
DSCF0492_convert_20190617110407.jpg


橋口暢広展三日目です。

あれれ、釉薬の流れが重力と反して、上に向かっている。。。
と思ったら、ひっくり返して焼成しているそうです。

王冠のように見えて素敵ですね!

橋口さんの作品、やはりアイデア満載で楽しいです。

最近、この手法に凝っているようで、この作風の鉢が様々なサイズで出品されています。

写真は、一人分のお素麺にそばちょこ、として良いサイズ。

二人分、三人分に良いサイズもあります。

もちろん他のお惣菜にも良いですし、小さいほうは湯呑という名になっています。

どうぞご自宅に合うサイズを見つけてくださいね。

尚、明日明後日、火曜水曜はお休みです。
橋口暢広展は、23日(日)18時までです。


橋口暢広 作
織部湯呑
径10.5cm 高さ6.5cm
¥2,000 + tax

織部鉄絵鉢
横21.5cm 幅20cm 高さ6.5cm
¥3,200 + tax

お問い合わせやヨモヤマ話はこちらをクリックしてください。
Copyright ©2004 FC2,inc All Rights Reserved.