作家もののうつわや工芸作品と日々の出来事について
今週土曜から内藤美弥子展が始まります!
DSC_0576_convert_20171003224058.jpg


今週土曜2017年10月7日-15日(日)の日程で、内藤美弥子展を行います!
個展企画展ページにアップしましたので、お時間ありましたらご覧ください。

内藤さんは磁土の塊を削ることで形を作ります。
厚みがある磁土は乾燥中、または焼成中にヒビが入りやすいので、とても作りにくい手法です。
それを1つ1つ丁寧に削ることで、その削り跡がやわらかい印象となり、またエッジは薄くすることでシャープな印象にもなります。

この写真のように、深みのあるコップや花瓶などは、ヒモ状にした磁土を積んでいくことで成形します。
磁土は土ものの粘土よりも可塑性がないので、ロクロではなく積んで成形というのもやはり難しいのです。

ミルク色のすべすべとした肌がとても魅力的です。
そしてエッジには鉄絵を施していて、その色の濃淡も心地よく、白との対比も美しいです。

持ち手が存在感がありかっこいいマグカップは、口縁の薄さからかコーヒーをとても美味しくいただくことができますよ。
DM写真掲載のクロスの手付皿は、やはりいつ見ても可愛くって胸キュンものです。

内藤さんの作品は、使ってもとても良いのですが、この独特の存在感が素晴らしい。
彫刻的でかっこよく、また愛らしくもある。
静かな佇まいで、清潔感があってピュア。
家、階段などのオブジェは、そっと身近において、その先の話を紡ぎたくなってきます。
(今回オブジェの出品があるかどうかはわかりません)

上記のように制作に手間がかかるので、なかなか数ができません。
この機会に是非見にいらしてくださいね。

※ この写真のカップたちは私物になります。





お問い合わせやヨモヤマ話はこちらをクリックしてください。
Copyright ©2004 FC2,inc All Rights Reserved.