作家もののうつわや工芸作品と日々の出来事について
内田鋼一展便り その7
DSCF8184_convert_20171111120646.jpg


ジブリの世界に出てきそう。
とぼけた表情は何を物語るのでしょうか。

緑青彩の立体作品です。
生地は粘土。
内田さんが緑青彩で作る作品で、こんなにやわらかい雰囲気の立体作品は初めて見ました。
緑青彩ではどちらかというと、角々とした作品をよく作っているのではないでしょうか。

またこちらは金属の銅では表現できないような、ふくよかな肉付き感がいいですね。
地が陶ならでは、です。

内田鋼一展は明日11月12日(日)18時まで。
どうぞお出かけください。


内田鋼一 作
緑青彩立体作品
台の径17cm 高さ38cm
お問い合わせください。


お問い合わせやヨモヤマ話はこちらをクリックしてください。
Copyright ©2004 FC2,inc All Rights Reserved.