作家もののうつわや工芸作品と日々の出来事について
「スタンダード そしてこれから」展便り その2
DSCF8337_convert_20171119105903.jpg


宙開店20周年企画「スタンダード そしてこれから」展、お陰様で大好評をいただいています!
写真だけ先にアップして、文章書くのが閉店後になってしまいました。。。

宙の主な作家さん58人に、手のひらサイズの作品を10種作っていただきました。
うち5種は、定番的に作っているもの。
もう5種は、これからチャレンジしていきたいという兆しが窺える作品というようにお願いしました。

力作揃いで見応え充分!です。
二日間大忙しでしたが、おそらく1000点以上の出品があるので、まだあまり減った感がありません。
今まで特定作家さんの個展にだけ来ていたけれども、58人(すみません、阿部慎太朗さんと内田鋼一さんは完売しましたので、現在56人)の作品をまとめて見ることができて刺激になった、というお声もいただいています♪

大沼道行さんの器は今日、追加で並べました。

また井上あんぬさんの器は昨日で売れきれたのですが、また追加で器とピアスを持ってきてくださいました♪

この写真は右上から時計回りに
荒賀文成さんは初期から急須を得意にしています。こちらは小ぶりタイプの宝瓶です。持ち手があるものもありますよ。

市野雅利さんが最近作り始めた、インディゴシリーズのぐいのみです。色合いが素敵。ちょこっと盛るのにもどうぞ。

加藤那美子さんの漆器はポップで楽しいです!黒に銀で派手かなと思っても、豆皿ならアクセントになって使いやすいですね。
色違い、柄違いもあります。

寺園証太さんの備前のボウルは手びねりであたたかみのある雰囲気です。カフェオレでもお料理を盛っても。もっと大きいものもあります。

タナカマナブさんのごく小さな一輪挿しは、姿も釉薬の流れも美しい。そばにあると嬉しくなる一品です。

まだまだご紹介したい作品がたくさんあります。
「スタンダート そしてこれから」展は11月26日(日)まで。(火曜水曜休み)
クリスマスプレゼントにもぴったりのものが見つかると思います。
どうぞお出かけください。



お問い合わせやヨモヤマ話はこちらをクリックしてください。
Copyright ©2004 FC2,inc All Rights Reserved.