作家もののうつわや工芸作品と日々の出来事について
横山拓也展便り その2
DSCF2714_convert_20180701115844.jpg


横山さんの茶碗。
横山さんの黒。

横山さんは最近茶碗も力を入れて作っています。
ロクロでひいてから、独自の方法で大胆に歪ませているのですが、この歪ませ方が実に面白いのです。

大胆なのにやりすぎ感はなく、納得していまう形。
手にもしっくりとおさまります。
見込みは豊かな広がりを感じさせます。
高台の削りも見応えありますよ。
実際お茶も点てやすく、また飲みやすいのです。
気軽にお茶を楽しんでみてくださいね。

彫刻のように美しいので、お茶を点てない時には飾っても素敵ですよ。

左は、ツヤ感とカセたところが入り混じる、吸い込まれそうな深い黒。

右は最近使い始めた、かなり荒い土。
見込みにはたっぷりと釉薬をかけていますので、茶筅が痛むこともありません。

織部の茶碗はまた違う形でこれもとても素敵です。

昨日も、人気の白の板皿や器に加え、茶碗を手にとられる方がとても多かったです。

横山拓也展は7月8日(日)まで。
今日も暑くなりましたね。
横山さんの黒、そして涼し気な白い器を見て、クールダウンさせてください。
熱中症対策をしてお出かけくださいね。


横山拓也 作
左 黒碗
  横11.5cm 幅10.5cm 高さ10.5cm
右 黒碗(荒)
  横13.5cm 幅12cm 高さ8.8cm
各¥10,000 + tax




お問い合わせやヨモヤマ話はこちらをクリックしてください。
Copyright ©2004 FC2,inc All Rights Reserved.