作家もののうつわや工芸作品と日々の出来事について
今週土曜から杉田明彦・長野史子展が始まります!
suginaga_960_yoko_convert_20181106160429.png


今週土曜、2018年11月10日(土)-18日(日)にて、杉田明彦<漆>・長野史子<ガラス>二人展を行います!(火曜水曜休み)
個展企画展にアップしましたので、お時間ありましたらご覧ください。
この写真はDMのものです。

杉田さんは、漆の仕事を始める前に、お客様として何度もご来店いただいていました。
その頃からとても質感に敏感で、自分が何が好きかをよくわかっている方だなあと思っていました。
ですので漆の仕事をしたいと聞いた時には、質感にこだわった素敵な作品を作るに違いない、と確信していました。

輪島の赤木明登さんのもとで修業をして、独立してすぐに宙を訪ねてきてくださいました。
その時にはもう、現在も杉田さんの作品の大きな柱になっている、使い込んだような風情の漆の肌2種を作っていたので驚きました。
研ぎ澄まされたかっこいい形にその肌が相まって、今まで見たことがない漆の器です。

私が予想していたよりも早いペースで、素晴らしい作品を完成させ、それ以来さらに進化させ続けています。

今回、シンプルで凛とした姿のお重も出品されますので、楽しみにしていてくださいね。

長野さんは宙ではお初の展示になります。
白と黄色のガラスを使った北欧的なイメージの器や、銀箔を使ったシリーズなどがとても好きで、以前からお願いしていたのですが、仕事場の引っ越しや産休でしばらく仕事はセーブされるということになりました。

そして数年経ち、そろそろかなと思っていた頃、長野さんのガラスへの情熱が大きく花開いたような作品たちを作り始めているのを知りました。

前から独特の技法で作っているなと思っていたのですが、さらに独自に技法を組み合わせているようで、とても表情豊かなガラスの世界が広がっていました。

ガラスのやわらかさと硬質感、はかなさと存在感、など相反するガラスの要素を一緒に閉じ込めたような、瑞々しいガラスの作品を見て、目が開かれる思いがしました。

器としても盛り映えしますが、そのまま飾ってもとても美しい作品たちです。

どうぞ杉田さんと長野さんの作品たちを見にいらしてくださいね。
お二人とも、10日と11日は在店予定です。




お問い合わせやヨモヤマ話はこちらをクリックしてください。
Copyright ©2004 FC2,inc All Rights Reserved.