作家もののうつわや工芸作品と日々の出来事について
明日から寺園証太・吉井史郎 二人展が始まります!
DSCF9080_convert_20190412175624.jpg


明日2019年4月13日(土)-21日(日)にて、寺園証太・吉井史郎 二人展を行います!

お二人の作品の包みを開け終わったところです。
お宝がざっくざっくと出てきましたよ♪

備前の寺園さんの器で、このリム皿は是非お使いただきたいものです。
ワンプレートとしても、オムライスなどなどにもとても使いやすいですよ。
今まで7寸サイズのみでしたが、今回はお取皿サイズもあります。

たくさん出品されているぐい呑も、1つ1つ全部違って表情豊かです。
手びねりで作っているものもあります。

ピッチャーもいろいろなサイズがあるので、小さ目などは食卓でお水やお茶などをサーブするのにもお使いください。

備前焼の花入れはお花が長持ちするのですが、花入れやお花を挿したくなるうつわも揃っています。

吉井さんのこの白の焼〆は、一昨年の宙の20周年の企画で、これから作っていきたいもの、というころで豆皿で出品していただきました。
豆皿もありますが、こちらはちょこっと盛るのに良いサイズ。
吉井さんも登り窯で焼成していますので、灰の降りかかり加減が1客1客違っていて面白いです。

拭き漆を施した器、というのも、その20周年の企画で出品いただきましたが、大きなサイズの器も作っていただきました。

宙では久々にいただく安南もやはり素敵です。

吉井さんの器は、関西のお料理屋さんでよく使われているようなのですが、盛りやすい器というのがよくわかります。
サイズ展開もされていますので、家にないけれども欲しいと思っていたサイズの器、が見つかるのではないかと思います。

寺園さんは13,14日、吉井さんは13日に在店されますので、お二人と器たちに会いにいらしてくださいね。


寺園証太 作
リム皿
径23.5cm 高さ2cm
¥7,000 + tax

吉井史郎 作
焼〆(白)八角皿
径12.5cm 高さ3cm
各¥3,000 + tax






お問い合わせやヨモヤマ話はこちらをクリックしてください。
Copyright ©2004 FC2,inc All Rights Reserved.