作家もののうつわや工芸作品と日々の出来事について
大沼道行展便り その2
DSCF0906_convert_20190630112545.jpg


大沼道行展二日目です。

今日もお天気が心配ですが、大沼さんも在店されていますので、どうぞ大沼さんと作品たちに会いにいらしてくださいね。

人気の沼サン皿、八角皿のMサイズ、そしてL、Sサイズは、今回の個展でたっぷり用意していただいたので、各色でまだご覧いただけます!
昨日掲載のオーバル皿も昨日人気でしたが、まだございます。

こちらが、リクエストして作っていただいた、土物の青磁になります。

大沼さんは20数年前にこのような青磁も作っていて、私は煎茶碗と急須を愛用しています。
この中国の汝窯の青磁のような深い色合いで、水仙盆ではなく、普段使いの器を作っているのが素晴らしいと思い、岩手に押しかけていったのでした。

とはいえ青磁はとても難しい釉薬です。
大沼さんもその段階で満足してはいなかったのですが、しばらく青磁を作るのをやめて、他の釉薬をいろいろ開発して作品を作っていました。

ドット柄と沼サン皿が人気になっても、ワタクシどうしてもあきらめきれずに、リクエストして作っていただきました。

天青色。
天のような青。
雨後に雲の切れ目からのぞく、そんな青。

汝窯の青磁に近いこの色は、やはりとても美しいです。

吸い付くような肌触りもクセになる感じで口当たりも抜群。
煎茶碗はお茶が美味しく感じられますよ。

急須もころんと愛らしいですね。

他に、中国茶用にもお使いいただけるぐいのみや中鉢もあります。


大沼道行 作
青磁ポット
径10cm 身の高さ7cm
口縁1cm下で約280cc

青磁アサガオ煎茶碗
径7.5cm 高さ6cm
8分目で約80cc
各¥3,500 + tax

お問い合わせやヨモヤマ話はこちらをクリックしてください。
Copyright ©2004 FC2,inc All Rights Reserved.