作家もののうつわや工芸作品と日々の出来事について
小坂大毅・吉野敬子 二人展便り その5
DSCF1418_convert_20190719122128.jpg


小坂大毅・吉野敬子 二人展五日目です。

吉野さんの片口手塩皿、渋可愛いですね!
こちらは吉野さんのお父様が作り始めたもので、敬子さんも引き続き作っています。

今回は、中央の斑唐津と、下の無地唐津、上の無地唐津皮鯨の3種が揃いました。

和菓子やクッキーでお茶の時間にも、お漬物やちょこっと盛る時にと大活躍しますよ。
私もお父様時代の、粉引のものを愛用しています。

ギフトにも喜ばれると思います。

下の「続きを読む」には小坂さんの唐子図を。

唐子の真ん中に四角。
唐子が凧揚げしている飯碗を作っているので、これも凧かな?と思っていたのですが、なんとお金だそう。
古染付の文様でこのようなものがあり、それを写してアレンジしたそうなのですが、子孫繁栄の吉祥文である唐子とお金ということで、金運もアップ!という縁起の良い文様ではないかと思います。

いきいきと描かれた唐子が魅力的。

高台は、骨董屋さんで見たという別の古染付のお皿に倣い、付高台というのも見どころです。

小坂大毅・吉野敬子二人展は明後日21日18時まで。
多種ご覧にいただけますので、週末是非いらしてくださいね。


吉野敬子 作

無地唐津皮鯨手塩皿
横11cm(口入れて) 幅9cm 高さ3.5cm
¥2,500 + tax


斑唐津片口手塩皿
横11.5cm 幅10cm 高さ3.5cm
¥2,500 + tax

下 無地唐津片口手塩皿
横11cm 幅9.5cm 高さ3.5cm
¥2,500 + tax

小坂大毅 作
染付唐子6寸皿
径17.5cm 高さ3.2cm
¥5,000 + tax

お問い合わせやヨモヤマ話はこちらをクリックしてください。
Copyright ©2004 FC2,inc All Rights Reserved.