作家もののうつわや工芸作品と日々の出来事について
刳り貫き
DSCF4573_convert_20180910121709.jpg


岩本忠美さんから、合鹿椀をいただきました♪
ご飯ものの丼に、また小さ目麺鉢として良いサイズです。

岩本さんも、今週土曜15日から個展を開いていただく原清さんと同じく、自ら木を刳り貫いて、漆を何度も塗って仕上げています。
どちらも、刳り貫きの跡がほどよく残り、あたたかみのある雰囲気がとても素敵です。

岩本さんのこのお椀は、口縁と高台下とのところに布を被せ、丈夫に、そしてデザインのアクセントとしています。
高台が高めで凛々しいですね!

煮物などを盛ってもどうぞ。


岩本忠美 作
合鹿椀
径14cm 高さ10cm
¥26,000 + tax

※ この合鹿椀より一回り小さいサイズは、♪♪ 宙のOnlineShop ♪♪ に掲載しています。
こちらのサイズをご希望の場合は、お電話かメールでお問い合わせください。

お問い合わせやヨモヤマ話はこちらをクリックしてください。
Copyright ©2004 FC2,inc All Rights Reserved.