作家もののうつわや工芸作品と日々の出来事について
荒賀文成・小林耶摩人 二人展便り その4
DSCF5265_convert_20181004150514.jpg


今日10月4日は陶器の日(陶瓷の日) ですので、陶器を愛でましょう♪

さて、荒賀文成さんの粉引は、なめらかですいつくような肌が大きな魅力です。
古いもののような雰囲気もありますし、また清潔感も感じられます。

勢いのあるロクロが魅力の荒賀さんですが、3年前の展示にはなかった輪花の器を作るようになってきました。
愛らしい雰囲気でとても素敵です。

使いこむと風合いのあるように育ってきますので、それを楽しんでくださいね。

二人展は8日(月・祝)まで。
まだ多数ご覧いただけますので、どうぞお出かけください。


荒賀文成 作
手前より
粉引輪花向付
径10cm 高さ5.,2cm
¥2,000 +tax

粉引輪花平向付
径13cm 高さ3.5cm
¥2,000 + tax

輪花コンポート 大
径16.5cm 高さ7.5cm
¥4,600 + tax


お問い合わせやヨモヤマ話はこちらをクリックしてください。
Copyright ©2004 FC2,inc All Rights Reserved.