作家もののうつわや工芸作品と日々の出来事について
荒賀文成・小林耶摩人 二人展だより その7
DSCF5285_convert_20181007103852.jpg


小林耶摩人さんが最近始めた三島は、小林さんならではのオリジナルの三島になっています。

一般的な三島は、線刻や押印したところに白泥を埋め込み、軽く削りだすことで模様を出すという手法をとるのですが、それをふまえながら工夫をこらし、模様の出方、質感を気に入ったものになるようにしたとのこと。

最初に見た時に、新鮮な印象をもったのですが、その工夫によるものだったのだと合点がいきました。

浅鉢はすぐに売り切れてしまいましたが、4寸皿はまだございます♪

荒賀文成・小林耶摩人 二人展は明日8日(月・祝)18時まで。
お二人の作品は、まだ多種ご覧いただけます。
今日も暑いぐらいの良いお天気になりましたね。
どうぞおでかけください。


小林耶摩人 作
右 灰三島4寸皿
左 枯三島4寸皿
 径12cm 高さ2cm
 各¥2,000 + tax
 

お問い合わせやヨモヤマ話はこちらをクリックしてください。
Copyright ©2004 FC2,inc All Rights Reserved.