作家もののうつわや工芸作品と日々の出来事について
今週土曜から木曽志真雄展が始まります!
DSCF7310.jpg


昨日で上田裕之・高橋大益・タナカマナブ 三人展ーー美味しい風景ーーが終了しました。
会期中たくさんの方にご来店いただき、本当に有難うございました!
フライパンと包丁、そして鉄瓶と、鉄分が多い中、タナカさんのやわらかい色の耐熱陶器が花を添えてバランスの良い展示となり、皆様に喜んでいただけたようでとても嬉しく思いました。
また三年後の展示を楽しみにしていてくださいね。

三人展の余韻もさめやらぬうちにですが、今週土曜、2017年9月23日―10月1日(日)にて木曽志真雄展を行います!(火曜水曜休み)
個展企画展ページにアップしましたのでご覧ください。

木曽さんは1954年東京生まれ。
桑沢デザイン研究所を卒業して、器のデザインの仕事を経てから、自らロクロをひくことを決意。
愛知県窯業職業訓練校を終了してから、愛知県にて独立しました。

木曽さん独特のマットなオリベ。
この美しさにココロ掴まれ、木曽さんの元を訪れてから早20年近くなるのですが、未だにいつ見ても新鮮で、感動を覚えるのです。
マットと一口に言ってもその時の窯によって色の出方が変わるので、その違いも面白いのです。
濃く出たり、少しツヤ感があったりととても表情豊か。

そしてそのオリベと白を掛け分けしたり、鉄釉を加えて4色で掛け分けしたりと、オリベの楽しみが広がります。

織部の器を使ってみたいけれども、他の器と馴染むか心配、などという方でも、入りやすい織部ですよ!
お料理のプロの方も木曽さんの器をよく使ってくださっているので、料理本などでも時折目にすることがあると思います。
盛り映えする、ということですよね。

木曽さんは9月23日(土)-10月1日(日)に在店予定です。(終日ではないかもしれません)
どうぞさわやか木曽さんに会いにいらしてくださいね。


木曽志真雄 作
オリベ掛け分け皿
径12cm 高さ3cm
¥3,000 + tax

オリベ掛け分け湯呑小
径7.8cm 高さ6cm
¥3,000 + tax

お問い合わせやヨモヤマ話はこちらをクリックしてください。
Copyright ©2004 FC2,inc All Rights Reserved.